メールフォーム

−水煮、炊き込みごはんの素、甘栗の製造・販売−
さくらんぼ印
桜乳業株式会社
フリーダイヤル=0120-28-2387

ホーム>会社案内

  • HOME
  • 会社案内
  • 商品紹介
  • 新商品情報
  • レシピ料理の紹介
  • レシピ料理の募集
  • 求人情報
  • 個人情報保護方針
  • お問合せ
  • サイトマップ

会社案内

会社概要

商号 桜乳業株式会社
設 立 1963年8月
代表者 代表取締役 櫻岡敏之
資本金 2,000万円
従業員 100名(2012年4月現在)
決算期 毎年12月
事業内容 各種料理素材の簡便商品の開発・製造・販売
甘栗の焙煎・販売
主要得意先 北海道・東北・関東・九州 等の各都道府県のスーパー
事業所
本 社 福島県白河市中町7
Tel:0248-23-2473
Fax:0248-22-4021
新白河工場

福島県白河市白坂勝多石10-30
Tel:0248-28-2116
Fax:0248-28-2118

※新白河工場地図の詳細

泉崎工場

福島県西白河郡泉崎村大字関和久字石名沢20
Tel:0248-54-1113

那珂川工場

栃木県那須郡那珂川町小口字大平30
Tel:0287-92-0528

※商品のお問合せは、新白河工場までお願い致します。

TOPに戻る

新白河工場地図

白河は栃木県との県境にある高地であり、那須に近い風光明媚なところです。 東京からですと、新幹線で約一時間、お車なら東北自動車道を使えば、約2時間半です。

桜乳業の地図

■お車でのアクセス 東北自動車道の白河インターチェンジより、約10分

■新幹線でのアクセス 東北新幹線の新白河駅より、タクシーで5分

TOPに戻る

会社沿革

1963(昭和38)年 福島県白河市にて桜乳業株式会社を設立。
「白河工場」で、乳酸菌飲料の製造販売を始める。
1969(昭和44)年 「白河工場」で、清涼飲料水の製造販売を始める。
1975(昭和50)年 「白河工場」で、「ぜんまい」「わらび」など農産物加工品の製造販売を始める。
1981(昭和56)年 「白坂工場」を新設し、農産物加工品の自動生産ラインを開設する。
1982(昭和57)年 事務処理の電算管理を開始する。
1989(平成元)年 「新白河工場」を新設し移転、新たに「甘栗」の加工を開始する。
1991(平成 3)年 「新白河工場」に第2工場を新設し、増産体制の強化を図る。
2006(平成18)年 新社屋を開設。
2008(平成20)年 「泉崎工場」を新設し、増産体制を強化。過熱水蒸気商品の製造販売を始める。
2010(平成22)年 トレーサビリティー・システムを導入し、社内トレース管理体制を確立する。
2010(平成22)年 《混合微生物による油脂含有物質の処理》特許を取得する。
2011(平成23)年 「那珂川工場」を新設し、増産体制の強化を図る。
2014(平成26)年 櫻岡敏之が代表取締役社長に就任

TOPに戻る

設備

【新白河工場】 ●原料洗浄ローラー:4基 ●原料選別コンベア:4基 ●ロータリー真空包装機:3基 ●結束機付自動包装機:1基 ●自動殺菌・冷却・乾燥装置:1基 ●レトルト殺菌機:2基 ●除水機:1基 ●トレー包装機:2基 ●金属探知機:2基 ●X線異物除去機:3基 ●ウエート・チェッカー:4基 ●原料冷却保管庫:2基 ●冷凍庫・冷蔵庫:4基 ●排水処理・浄化槽:2基 ●ボイラー:3基 ●甘栗焼成釜:7基 ●自動冷却ライン:1式 ●自動計量器:1基 ●自動包装機:1基 ●ウエート・チェッカー:1基 ●扇型結束機:1基 ●冷凍庫・保冷庫:4基
【泉崎工場】 ●活性次亜塩素洗浄装置:1基 ●除水機:1基 ●フード・スライサー:1基 ●過熱水蒸気式焼成機:1基 ●冷却フリーザー:1基 ●蒸し機スチーマー:1基 ●自動包装機:1基 ●カップ・シーラー:1基 ●金属探知機:1基 ●X線異物除去機:1基 ●ウエイト・チェッカー:1基 ●ラベル・プリンター:1基 ●冷凍庫・保冷庫:5基 ●排水処理・浄化槽:1基 ●ボイラー:1基
【那珂川工場】 ●原料洗浄ローラー:1基 ●原料選別コンベア:1基 ●ベルト式真空包装機:1基 ●ロータリー真空包装機:3基 ●自動殺菌・冷却・乾燥装置:3基 ●レトルト殺菌機:1基 ●除水機:1基 ●金属探知機:1基 ●X線異物除去機:1基 ●ウエート・チェッカー:1基 ●冷凍庫・保冷庫:3基 ●排水処理・浄化槽:1基 ●ボイラー:1基

過熱水蒸気式焼成機、冷却フリーザー

過熱水蒸気式焼成機、冷却フリーザー

レトルト殺菌機、X異物除去機

レトルト殺菌機、X異物除去機

TOPに戻る

経営理念

innovation for the future 〜来るべき未来に向けて企業としてあらゆる面で革新を続ける〜

時代が求める商品を探求し、安全・安心の商品を創り上げることが我々桜乳業の使命です。
固定観念に捉われず、あらゆる視点から常に挑戦する心でお応えします。

会社の発展は、従業員とその家族、そして、関係するあらゆる人々の豊かな生活の礎となり、また地域経済の発展へとつながります。
我々はそれを実現することで、仕事に誇りと価値を感じ、自分と家族、仲間の生活をさらに豊かにしていきたいと考えます。

2014年3月1日 代表取締役社長 櫻岡 敏之

TOPに戻る