メールフォーム

−水煮、炊き込みごはんの素、甘栗の製造・販売−
さくらんぼ印
桜乳業株式会社
フリーダイヤル=0120-28-2387

ホーム【拘り2 】「熟成方法に拘りました!

  • HOME
  • 会社案内
  • 商品紹介
  • 新商品情報
  • レシピ料理の紹介
  • レシピ料理の募集
  • 求人情報
  • 個人情報保護方針
  • お問合せ
  • サイトマップ

【拘り2 】「熟成方法に拘りました!

■『短期低温熟成法』を実現しました!!

  • 栗は本来澱粉質の多い食物です。実はこの「澱粉質」が甘さの大きな要因になるのです。
  • 栗の澱粉質は低温で保存する事により、低温酵素の力でショ糖化し甘みが多くなります。これを「熟成」といいます。
  • この方法を利用し新栗入荷時の10月に、当社基準温度で保管しますと12月に一番糖度が高くなり美味しくなります。
  • この保存方法が通常の熟成方法ですが、せっかく10月に入荷した甘栗を12月にならないと美味しい栗をご提供できないのでは、満足する商品とは言えません。
  • そこで弊社は独自の『短期低温熟成方法』を開発し、新栗当初かから、しっとりと甘い栗をどのメーカーよりも早くご提供できる商品を開発いたしました。
  • これが(左上の写真)「寒熟甘栗」です(商標登録 第4235067号)。
  • 糖度は普通の「甘栗」に比べ、3〜4度違います(当社基準値)。

■通常の「甘栗」も栗の特質に合わせ熟成方法を変えています!

  • 通常の「甘栗」も収穫される産地により、栗の熟成度合いが違います。早く熟成する栗から順に特殊な保存方法をすることで、旬を通し、いつでも甘くて美味しい「甘栗」をご提供できます。
  • これは、長きに渡り栗を研究し続けてきた弊社だからこそ出来る技です。

←トレーサビリティーTOPへ      拘り3へ→

 

TOPに戻る